Artists

堀越達人 HORIKOSHI Tatsuhito

           
1985年 群馬県生まれ
2005年 多摩美術大学奨学金
2010年 多摩美術大学大学院美術研究科絵画学科修了
   

受賞歴

2011年 タマアートコンペティション2011, 準グランプリ
  多摩美術大学校友会チャレンジ賞
2012年 第5回アーティクル賞, ターナー色彩賞
   

個展

2010年 "Tragicomedy of life-人生の悲喜劇" 木之庄企畫/東京
2011年 "聖と俗と春" ふみきりギャラリー/ 横浜
  "STRANGER IN PARADISE" 新宿眼科画廊/ 東京
2012年 "Dramatic" ターナーギャラリー / 東京
2013年 ”You are so cool" / Ohshima Fine Art
2014年 "Snow in Summer" Ohshima Fine Art/東京
2015年 “Far Away Town”パンセギャラリー/群馬
  “Portraits of someone” 木之庄企畫/東京
   

グループ展

2008年 "ヨコハマ若手作家6月展" gallery on the wind / 神奈川
2009年 "how to calm the imagination before sleep" 多摩美術大学キャンパス /東京
2010年 "how to calm the imagination before sleep2" 多摩美術大学キャンパス /東京
2011年 "Resonance Effect" 木之庄企畫/ 東京
"I氏・W氏コレクション展" 阿久津画廊/ 群馬
"Unknown Possibility07" 新宿眼科画廊/ 東京
"隠された視点 堀越達人+鴇田みよこ" SAKuRA GALLERY/ 東京
2012年 "4 Painters of JAPAN -I'm here- " 布查當代藝術空間 / 台北
"現代アート展Ⅱ−新しい表現の作家達−" 阿久津画廊 / 群馬
"Illumination" Gallery LVS / ソウル
2013年 "I氏・W氏コレクション展″阿久津画廊 / 群馬
中之条ビエンナーレ2013, SATORI/群馬
"現代アート展Ⅲ" 阿久津画廊/群馬
"□と□ (しかく と しかく)" アキバタマビ 21/東京
2014年 "Japon" 聖アンドレア修道院現代アートセンター/フランス
“Reborn” 木之庄企畫/東京
 “A Tense Moment” keumchon Gallery/ソウル
 “7 types 現代美術は今” 松坂屋名古屋
2015年 “Infinity Japan” 新光三越/台中
“あの人の好みもの”新宿タカシマヤ/東京
“Beautiful Dream” 布查當代藝術空間/台北
“今どきアート コレクターI氏の密かな楽しみ” 富岡市立美術博物館/群馬
“マンガ青春!日本當代藝術家聯展”未艾公寓/台中
“Artistic Christmas” 新宿タカシマヤ/東京
   

アートフェア

2010年 アートフェア京都2010 /京都
2011年 ヤングアート台北 / 台北
アートフェア京都2011 / 京都
AHAF SEOUL 2011 / ソウル
ULTRA004 / 東京
2012年 AHAF HONG-KONG / 香港
Asia Art Gallery Art Fair / 上海
2013年 AHAF HONG-KONG 2013 / 香港
Affordable Art Fair Hong-Kong /香港
Art Kaohsiung/高雄
ART TAIPEI /台北
2014年 Affordable Art Fair Hong Kong /香港
Young Art Taipei /台北
Affordable Art Fair Singapore /シンガポール
AHAF SEOUL /ソウル
BANK ART FAIR/シンガポール
SCOPE Miami Beach /マイアミ
2015年 AHAF HK/香港
Young Art Taipei /台北
Art Busan /釜山
ASYAAF /ソウル
AHAF Seoul /ソウル
KIAF/ソウル
Daegu Art Fair/大邱
SCOPE MIAMI BEACH/マイアミ
Spoon Art Fair/ソウル
Art Kaohsiung /高雄
2016年 Seattle Art Fair / USA
   

奨学金

2005年 多摩美術大学奨学金
   

その他

2010年 GEISAI TAIWAN#2 / 台北
2011年 中之条ビエンナーレ2011, 伊参スタジオ / 群馬
三菱商事アートゲートプログラム
2012年 Art Revolution Taipei 2012 / 台北
   

Public Collection

ピゴッツィコレクション / スイス
I氏コレクション / 日本
   
   
1985 Born in Gunma
2005 Tama Art University Scholarship
2010 Tama Art University major in painting, MFA
   

Awards

2011 Tama Art Competition2011 ,Runner-up.
The Alumni Association of Tama Art University Award
2012 5th Art_icle award, Turner Colours Works Prize
   

Selected Solo Exhibition

2010 Tragicomedy of life" Kinosho Kikaku/Tokyo
2011 "Holy, Vuglar and Spring" Fumikiri Gallery/Yokohama
"STRANGER IN PARADISE" Shinjuku Ophthalmologist Gallery/Tokyo
2012 "Dramatic" Turner Gallery / Tokyo
2013 "You are so cool" / Ohshima Fine Art
2014 "Snow in Summer" / Ohshima Fine Art / Tokyo
2015 “Far Away Town”Pansee gallery/Gunma
  “Portraits of someone” KINOSHO KIKAKU/Tokyo
   

Selected Group Exhibition

2008 "Yokohama Young Artists" gallery on the wind /Kanagawa
2009 "how to calm the imagination before sleep" Tama Art University /Tokyo
2010 "how to calm the imagination before sleep2" Tama Art University /Tokyo
2011 "Resonance Effect" Kinosho Kikaku /Tokyo
"Mr.I・Mr.W Collection" Akutsu Gallery/Gunma
"Unknown Possibility07" Shinjuku Ophthalmologist Gallery / Tokyo
"A HIDDEN VIEWPOINT" SAKuRA GALLERY / Tokyo
2012 "5th Art_icle Award a Winner Exhibition" Turner Gallery / Tokyo
"4 Painters of JAPAN -I'm here- " Buttchart International Contemporary Art Space / Taipei
"Contemporary Art 2-New Artists-" Akutsu Gallery / Gunma
"Illumination" Gallery LVS / Seoul
2013 "Mr.I /Mr.W Collection" Akutsu Gallery / Gunma
""□ and □ (Square and Square)" AKIBATAMABI 21 / Tokyo
NAKANOJO BIENNLE 2013, SATORI / Gunma
2014 "Japon" Abbaye Saint Andre Centre d Art Contemporain / France
“A Tense Moment” Keumchon Gallery/Seoul
“Reborn” KINOSHO KIKAKU/ Tokyo
2015 “ANOHITONO KONOMIMONO” Shinjuku Takashimaya/Tokyo
“Beautiful Dream” Buttchart International Contemporary Art Space / Taipei
   

Art Fair

2010 ART FAIR KYOTO2010 /Kyoto
2011 Young Art TAIPEI / Taipei
2012 ART FAIR KYOTO2011 / Kyoto
AHAF SEOUL 2011 / Seoul
ULTRA004 / Tokyo
2012 AHAF HONG-KONG 2012 / Hong-Kong
Asia Gallery Art Fair / Shanghai
2013 AHAF HONG-KONG 2013 / Hong-Kong
Affordable Art Fair Hong-Kong / Hong-Kong
Art Kaohsiung / Kaohsiung
2014 AHAF SEOUL / Seoul
Affordable Art Fair Hong Kong / Hong Kong
Affordable Art Fair Singapore / Singapore
Young Art Taipei / Taipei
2015 AHAF HK / Hong Kong
AHAF Seoul / Seoul
ASYAAF / Seoul
Art Busan / Busan
Daegu Art Fair/Deagu
KIAF/Seoul
Young Art Taipei / Taipei
2016 Seattle Art Fair / USA
   

Scholarship

2005 Tama Art University Scholarship
   

Other

2010 GEISAI TAIWAN#2 / Taipei
2011 NAKANOJO BIENNALE 2011, ISAMA Studio / Gunma
MITSUBISHI CORPORATION ART GATE PROGRAM
2012 Art Revolution Taipei 2012 / Taipei
ASYAAF / Culture Station Seoul 284
oung Artists Japan vol.5 / Tokyo Designers Week
   

Public Collection

Pigozzi Collection / Swiss
Mr.I Collection / Japan

過去の記憶や経験、ふざけた遊びからイメージを引っ張って来て、自分の変身願望を反映させたポートレートを描いています。
多くは別の何かに変装したり仮装したりポーズをとったりしていますが、その状態は本質が薄れて正体が不鮮明になった瞬間とも言えます。

たとえばゲームでは簡単に自分とは違うキャラクターを演じることができます。別の存在になるということが自分にとって特別なことでした。
それは希望があり、良いことのように思います。

別の存在に変身するという行為はどんな者にでもなれるという希望と本来の自分を見失うという恐怖の、ある意味矛盾した2つが混在している状態です。
これは自分が生きている中で感じる事、人生に対して思う事に通じています。

正体のわからない存在や、よくわからないもの、あやふやなものが描きたいという気持ちに寄り添って制作しています。
そういったものにシンパシーを感じるし、安心します。

正体が判らない状態は不安ですが何者にもなりえるという希望も含んでいるところが好きです。ただ絶望へと向かう不幸な物語にはしたくありません。
変身願望は誰にでもあると思いすが、今インターネット上で一人の人間が複数の人格を演じているのは共感できることです。

人物は俗っぽい存在だったり、ときには神様の様な存在として描いています。無垢さのなかにもシニカルで付き放した感覚を大事にしています

Based on the memories and experiences in the past, HORIKOSHI Tatsuhito use the portrait to reflect the one who he wants to be.
Though he disguises himself, does some strange poses in the artwork, it is also said to be a moment in which the body is being shown unclear.

For example, we can act as a different character when we play a game. To HORIKOSHI Tatsuhito, it is very special to be able to act as another person.
He thinks it is a hope and a good thing to him. It is a contradiction that, everyone wishes to try to change to be another person, but at the same time people are afraid of losing their own character.

It is also applicable to what we feel when we live, and what we think towards life.

He loves drawing the existence of unclear body, and also things which are not understandable.
These things make people feel sympathy, and also feel calm.
Though it may make people feel unstable when things are not clear and not understandable, it also implies a hope that everybody has the chance to make it possible.
HOROKOSHI Tatsuhito loves this way of thinking. But he does not like the stories which drive to despair.
Everyone wishes to become another person. He also thinks that the internet makes a person become possible to become a number of different people.

Sometimes, people are impure. Sometimes, people are just like God. He treasures a lot about the substances inside the purity of people in his artwork.

過去的記憶和經驗從遊戲嬉戲之中延伸出概念,並將自己的變身願望反映在自畫像中描畫出來。
一下變裝一下冒充一下又換不同的姿勢很多很多,但是這樣的狀態可以說是其本質薄弱而且讓身份瞬間變的很不鮮明。
舉例來說,可以在遊戲之中簡單的扮演和自己不同的角色。變成不同的角色存在著對自我來說是特別的。因此我認為這是一件可以被期待的事。不同的存在,將變身這樣的行為,無論是怎麼樣的人的期望都能變成真,並將希望和喪失自我的可能兩種矛盾的狀態混和在一起。這與自我在生活中所感受到的事和面對人生時所思考的事是可以共勉之。
身份不明的存在和不清楚的事物,讓我想製作那些我所感受到的不確定的事物。而這些感受可以引起共鳴,使之安定。雖然身分在無法判別的狀態和不安之下,但我卻很喜歡無論是甚麼人都可以變身的可能性。只不過朝向絕望去的故事是我所不希望的。
變身的願望是任何人都會想要的擁有的,在現在網際網路中一個人可以扮演這無數的角色就可以看的出來。人物的存在是庸俗的,有時候可以以天神的樣貌存在著。但在純淨之中有時適度的釋放憤世忌俗感是很重要的。